Skip to content

独立も夢じゃない!お菓子の専門学校で目指す資格!

「子どもたちの将来なりたい職業ランキング」でも毎回上位にランクインする人気のパティシエ。

現在では、お菓子作りの基礎技術を専門学校で学び、洋菓子店やホテル等で実績を積むという流れが一般的です。その後独立を目指す人も多いでしょう。お菓子の専門学校では独立するときにも必要になるさまざまな資格取得を目指した勉強ができます。

まず飲食店を経営するにおいて必須資格となる食品衛生責任者。和洋菓子店だけでなく、カフェやスーパーなどの食品加工・販売を行う場合も必ず必要な資格です。国家資格としては、菓子製造技能士・パン製造技能士があり、この資格はお菓子・パン製造における高い技術を持っていることを認定するものです。それぞれ1級、2級があり受験資格には実務経験も関わります。

同じく国家資格である製菓衛生士もあり、添加物や製品の安全性、衛生面の管理などに関わる資格です。この資格があれば自宅でお菓子作り教室を開くことなども可能です。これ以外にも、持っておくと役立つ資格も目指せます。特にフードコーディネーターの資格は有力です。

食のスペシャリストとも言われるこの資格は、メニュー開発から飲食店のプロデュースまで食にまつわる知識を取得できます。専門学校では入門編となる3級を目指すことになります。また、色彩検定の資格も役立ちます。

ファッションやインテリア業界で役立つと思われがちですが、色彩の調和や光に関することまで、見た人がどのように感じるかなども学ぶためお菓子作りに多く取り入れられます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です